スタッフ紹介

株式会社サンメディカル
レンタル推進部  部長
佐藤 大輔
(福祉用具専門相談員・福祉用具選定士)

 

現在は福祉用具レンタルの仕事をしています。

一日の大半は利用者様を訪ね、器具の点検、状況にあった用具の提案をしております。

ケアマネージャー様を中心にチームで利用者の方の生活をケアしていく。
とてもやりがいのある仕事です。

仕事を通じ、たくさんの喜びも感じることがきます。

その人の喜び、楽しみを大切に!!

歩けなかった方に歩行器をご提案をしました。
その半年後に「買い物に行けた。
そして大好きな競馬新聞を買えた」と笑顔で報告をしてくださった方がいました。

また、

「このベッドのおかげで体を起こすことができて流動食ではなく、固形の食べ 物が食べられるようになりました。ありがとう」という言葉をいただいたことも。

利用者様、お世話する方の苦労を知る!

実は高校時代祖父母も介護を必要としていました。しかし、当時の私は父や母の苦労を全く理解していませんでした。

私は、この仕事に就いて当事者の方々の苦労を、ようやく理解することができたのです。

介護が必要になると、生活の全てにたくさんの制限が出てきて、悩み、考え、決めなければならないことが次々と現れます。

当時、両親がした苦労を考えると何も手伝わない情けない息子だったと反省の想いしか浮かびません。

福祉用具のレンタルは最高の仕組み

福祉用具のレンタルは利用者の方の体の状態、生活環境に合わせて使用する器具を変えていける、理にかなったサービスだと自負しています。

お一人おひとり状況が違う中で、その人にあったオーダーメイドのサービスを

提案していく。

我々は日々、器具の特徴や人間の体の仕組みなどに対する深い知識とお客様に信頼していただける人間性をあわせ持たねばなりません。

そのためにこれからも、私を含めスタッフ一同、頑張ってまいります。

■現場を知っているからできる提案

先ほども申しましたがケアマネージャー様同様、我々も利用者様を訪ねその現場をつぶさに見させていただいています。

合わせて福祉用具に関しては誰より深い知識を持っております。

●手すりの設置はどこにでも!!